河合信哉「自分の地元に誇りを持って,やりたいことをのびのびとやれる人が溢れる社会を創りたい」


 

河合信哉  埼玉大学大学院理工学研究科

 

■半導体の研究。トランジスタとか作ってます。

■NPO法人Youth for 3.11理事 日本の各地域に若者ボランティアを派遣するNPO。地域と若者(主に学生)を繋げるボランティア版旅行代理店のような存在です。

■世界遺産三保松原地域活性化コンテスト実行委員

 

【メディア実績】

 

オルタナs(団体取材:ぼくらは社会ではなく人のために動く)

どんな気持ちで活動してきたかがまとめられてます。

 

主体者として、作りたい社会や、成し遂げたいこと

 

自分の地元に誇りを持って,やりたいことをのびのびとやれる人が溢れる社会

 

ワークル活動に持ち込めそうなヒト・モノ・コト

 

上記のNPOで東北の震災復興をずっとやってきたので,東北系の繋がりや”ソーシャル”にちょっと興味がある学生のコミュニティはいくらかあります。

 

ワークルに関わっている理由

 

これをやりたい!っていう人が集まって,でもとげとげしてない温かい熱量が心地よいです。場の観察をして地元でも応用していきたいです。

 

関心のあるワークル活動のテーマ 

 

地域、場作り

 

具体的なワークル化してみたいアイデア

 

地元焼津で東北のイベントを学生生活の集大成としてやりたいと思ってます。今までやってきたこと点を線にするような!

 

行動特性 

 

ポジティブ,親密性,調和性,回復志向,責任感

 

趣味

 

七味づくり