田上悦史「スポーツが抱えている課題や、スポーツで解決できる社会課題を解決したい。」


 

田上悦史  株式会社リクルートマーケティングパートナーズ

 

3つの顔があります。
1つは、リクルートマーケティングパートナーズの社員です。
2016年4月より新卒社員として入社します。当面の目標は、NewRing(新規事業コンペ)でサプリシリーズので対象を体育・部活動・スポーツを対象としたプロダクトを通すこと。
2つ目は、NPO法人issue+designの会員。学生時代にはリサーチを中心にストレスマウンテン、親子健康手帳、コミュニティトラベルガイドなどのプロダクトに関わる。
3つ目は、フリーランス・研究者の側面。専攻はスポーツマネジメントで、これからはイベントアセスメント事業を計画中。他にも地域のスポーツクラブのアドバイザーを務めています。

 

主体者として創りたい社会や実現したいこと

 

スポーツが抱えている課題や、スポーツで解決できる社会課題を解決すること。

 

ワークル活動に持ち込めそうなヒトモノコト

 

スポーツマネジメント関連の知識、量的・質的調査の方法論のナレッジを持っています。またリクルートやスポーツマネジメント関連の人脈があります。

 

ワークルに関わっている理由

 

セレンディピティ、計画的偶発性に期待をしています。

 

関心のあるワークル活動のテーマ

 

教育(&ICT)・地域活性化・スポーツ

 

大事にしている価値観や、幸せだと感じる瞬間

 

セレンディピティ、計画的偶発性。相手の期待に答えられた時が幸せ。

 

ありたい姿

 

まっすぐだけど堅物ではなく、むしろ可笑しいくらいの人

 

好きな言葉・座右の銘

 

惻隠の心は仁の端なり

 

趣味

 

バレーボール(全国大会出場程度)・ダイビング(アドバンス所有・本数少)