池田慈 「社会の負をビジネスで解決していく世の中を」


 

池田慈  株式会社ティーケーピー

 

慶応義塾大学商学部に進学し、大学在学中は、公認会計士を目指し、途中簿記一級を取得したものの全3回在学中に受験を失敗し、就職活動を開始。現職に入社を決定したのち、自ら内定者有志を集め、人事と共に2015年卒新卒採用のプロジェクトを立ち上げ。2014年入社以降は社長室配属で現場研修を経て、3ヶ月後に仕入れ部隊に所属し、全国エリアで賃貸フロアーの仕入れやビジネスホテルの仕入を経験。新規支店の出店対応全体や、同社初のビジネスホテル起工のイベントの企画から運営管理まで行う。

 

主体者として成し遂げたいこと

 

社会の負をビジネスで解決していく、世の中を仕組み化して良くする人・組織を増やしたい

 

ワークルに持ち込めるヒト・モノ・コト

 

もともと会計士の勉強をしていたので、会計士の人脈はあります。

 

なぜワークルに関わろうと思ったか

 

自分にない価値観を持つ人と多く関わり、自分の世界観を広げるため。