佐々木祥貴 「皆が100歳まで生き生きと過ごせる世界を」


 

佐々木祥貴 北里大学医学部

大学在学中に親族の病気や途上国医療を目の当たりにした経験などから将来医療に貢献したいと思うようになりました。大学卒業後、医学部に入り直すことを決め二度目の大学受験を経て現在医学部1年生です。受験のため勉強に集中していましたが、これからは様々な活動に参加していきたいと思っています。

 

人々の健康寿命を伸ばしたい

100歳まで元気に生き生きと過ごすことのできる世界をつくりたい。また長生きをしたいと思える社会をつくりたいです。そのために医療の面から、長生きするモチベーションを与え、かつ、健康に長く生きることができる医療システムやサービス、今までにない新しい病院のかたちがどんなものかを考えていきたいです。

 

ワークル活動に持ち込めそうなヒト・モノ・コト

医学部生や若い医師との繋がりがあるので探している方の力になれるかもしれません。また医療についての知識をある程度共有できると思います。

ワークルに関わっている理由

自分の専門分野以外の様々な人と関わることで自分の世界を広げ、様々なアイディアを生むヒントを得られればうれしいです。